電気通信審議会プレゼンテーション資料
ケーブル・アンド・ワイヤレス IDC株式会社
1999年 11月 12日
代表取締役社長
サイモン カニンガム
Presentation to the TELECOMMUNICATIONS
COUNCIL
by
1999
CABLE12&November,
WIRELESS
IDC
SIMON CUNNINGHAM, PRESIDENT
長期増分費用方式とそのNTT接続料への適用に関し、貴審議会はすでに多くのヒア
リングを行ったところです。当社の意見もすでに御省及び貴審議会に対し提出して
おり、ここで繰り返す必要はないものと考えます。ここでは、NTTの高額な地域料
金と接続料により引き起こされる問題点につき、以下の二点についてご説明させて
いただきます。
1.
競争環境
2.
日本におけるインターネットの利用と電子商取引の発達
The Telecoms Council has heard a great deal already about the issues with the
LRIC model formulas and their application to NTT’s interconnection costs.
Cable & Wireless has made its views known to the MPT and the Council and I
need not repeat them here. I would like to share with the Council some of the
business consequences resulting from the NTT Group’s high local charges and
interconnection rates. I will focus my comments in the brief time allowed to two
subjects:
1.
competition
2.
internet usage and the development of ecommerce in Japan
競争
Competition
相互接続料は、市場支配力を有するNTTグループ会社に関連して以下の2点と
直接的な関わりを有するものです。
• 国際電話における料金戦争はNTTコミュニケーションズの参入により更に激化したこと。
• 接続料の低廉化はNTTグループにとっても望ましいものであると思われること。
Interconnection costs have a direct bearing on two issues which relate to the NTT
dominant carrier group of companies:
• International service price war exacerbated by NTT Communications
• Lower interconnection costs will likely be good for the NTT group
競争
Competition
NTTコミュニケーションズの参入により更に激化した国際電話の料金戦争


今年10月のNTTコミュニケーションズの国際参入以前において、国際電話事業は計算料金の低
下と高い相互接続料により採算性は極めて低くなっていました。
NTTの接続料は国内長距離事業者の収入の約 39%を占めています。この値は国際事業
者の場合はより低水準だが、諸外国の接続料と比較するとはるかに高水準です。
International Service price war exacerbated by NTT Communications


Prior to NTT Communications’ commencement of international operations in
October 1999, profit margins in the Japanese international telephony sector
were very low as carriers were caught between ever-declining international
accounting rates and excessively high NTT interconnection rates.
NTT interconnection rates comprise approximately 39% of revenues for
Japanese domestic and long distance carriers; the figure is lower for the
international carriers but continues to be far too high a percentage when
compared with interconnect costs outside Japan.
競争
Competition

NTTコミュニケーションズは、主要な国際事業者であるKDD、日本テレコム及び C&W IDC
の料金よりも低廉な料金で参入して来ました。 NTTコミュニケーションズはこの料金レベ
ルでは年間の売上げが4-5百億円になるまでは利益を出すことが出来ないとの
事です。

このようなNTTコミュニケーションズの採算を考慮しない料金設定に対応して、 KDD、
日本テレコム及び C&W IDCは大幅な値下げをせざるを得ませんでした。

NTT C commenced service with tariffs below those of the 3 main international
carriers - KDD, JT and C&W IDC. NTT C admitted publicly that it would
not make a profit for at least 3 years until it attained revenues of 40-50 billion
yen per annum.
In reaction to NTT C’s loss-making pricing, each of JT, C&W IDC and KDD
have had to announce substantial tariff reductions.

競争
Competition

相互接続コストが高いことにより我が国消費者は競争による利益を充分に享受す
ることが出来ません。 NTTコミュニケーションズはこのような低料金により市場獲得を行お
うとしているため、他の事業者はNTTコミュニケーションズと有効な競争を行なうことが困
難となっています。

The high fixed percentage of interconnection costs deny Japanese consumers
the full benefits of competition. Other carriers cannot effectively compete
against NTT-C because it is willing to offer service at a loss to buy market
share from the competition.
競争
Competition

このような状況で利益を受けるのはNTTグループ会社だと思われます。値下げによ
り国際トラフィックが増加すればNTT東西地域会社はより多くの接続料収入を得ること
になります。
(1) NTTコミュニケーションズが支払う接続料は、結局NTT東西地域会社の収入となります。
(2) 国際通信料金の低下は国際トラフィックの増加につながる可能性があります。この
ときNTT東西地域会社は国際発着トラフィックの伝送により我が国消費者から高額な
接続料を回収し、利益を得ることになると思われます。

The beneficiaries of this situation are primarily the NTT Group of companies.
This is because:
(1) NTT-C interconnection outpayments are re-caputured by the NTT East
and West companies.
(2) Lower international tariffs may stimulate additional traffic. If they do
NTT East & West will profit due to their excessive interconnection charges
to carry IDD traffic to/from Japanese consumers.
競争
Competition

真の問題はNTTコミュニケーションズの料金が低いことではありません。 NTT東西地域会社、
更にNTTドコモに対する支払が多額を占めるため国際事業者のコストが高くならざる
を得ないことが問題だと考えます。

NTTの独占的事業分野での利益がNTTコミュニケーションズへの株式投資へ向けられています
。NTTコミュニケーションズは低料金で国際サービスを開始しましたが、これはNTTグループ会
社からNTTコミュニケーションズへの内部相互補助による略奪的な料金設定と思われます。

The real problem is not that NTT-C’s service charges are low, but that the other
international carriers’ costs are too high because of the large fixed portion of costs paid to
NTT E, NTT W and NTT DoCoMo.

Monopoly and dominant carrier profits earned elsewhere in the NTT group have been
directed into NTT-C as an equity investment. NTT-C, by operating services at lossmaking predatory pricing in the international service sector, is being cross-subsidized by
the NTT group though its equity investment in NTT-C. NTT-C, by commencing
operating international services at a loss, is also permitting the cross-subsidization by the
NTT group of NTT-C’s predatory pricing in the international service sector.
競争
Competition

このような不自然な料金の低廉化(経営効率化や技術革新によりもたらされたも
のではない)は、当初は消費者にとって利益となるものの、諸外国における経験
から言って、適切な規制がなされない場合には、競争を阻害するものです。この
ような状況においては、KDDや日本テレコム、C&W IDCは国際サービスへの重要な新規
投資を行なうのが困難となり、サービス品質と技術革新が阻害されることになると考
えます。

While initially good for consumers as prices are forced to drop unnaturally(rather
than as a result of efficient management and technological innovation), the
experience world-wide has been that such practices, if not corrected by the
regulator, can badly harm competition in the affected market. It is improbable that
any of KDD, JT or C&W IDC will make substantial new investment in
international service capacity in such market conditions. The quality of service
and technological innovation will suffer.
競争
Competition

相互接続料の低廉化はNTTグループにとっても望ましい
ものであると思われます。

NTTは長期増分費用モデルが適用された場合には、NTTグループの利益、雇用、
サービスレベル等に多大な影響が生じると主張しています。

Lower interconnection costs will likely be good for
the NTT group

NTT has been threatening that the LRIC model, if implemented, threaten’s
the NTT group’s profitability, employment level, universal service
performance, etc.
競争
Competition

これは豪州のテルストラ、米国の地域ベル会社、AT&T、英国のBT、ベルカナダ、
フランステレコム、ドイツテレコム等々が主張していたことと同じものです。独占
的な事業者は常に競争導入には反対しています。規制機関としては独占的事業者に
対して、接続料、ネットワークへのアクセス、顧客へのアクセスなど競争の障壁を低減させるよう
要求すべきと考えます。

All of this has been heard before - from Telstra in Australia, AT&T, the Baby
Bells in the US, BT in the UK, Bell Canada, France Telecom, Deutsche Telecom,
etc. Dominant carriers have consistently fought the introduction of competition.
A vigilant and informed regulator is required to force the former monopoly to
lower all the usual barriers to competition : high connection rates, network
access, customer access, etc.
競争
Competition

GDPの高い国における旧独占事業者は市場シェアを失う代わりに、ほぼ同様のことを
経験しました。つまり、今日ではこのような事業者は当時に比べより多くの利益、
収入を得ているということです。

かつ、雇用水準については、有効競争がなされていなかった当時に比べ一般的に高
くなっています。当社といたしましては、御省ならびに貴審議会において、真の利
益と完全・公正なる競争の実現のため適切なるご判断を賜るよう強く要望するもの
であります。

Despite losing market share, former telephone monopolies in high GDP per capita
countries have had a largely identical experience : today their revenues and profits
are higher than they were when the company enjoyed monopoly market powers.

And employment levels in their countries are generally higher than they were preeffective competition. C&W strongly urges the MPT and the Telecommunications
Council to not make the mistake of denying the NTT group the real benefits of full
and fair competition.
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet & ecommerce in Japan

インターネットの家庭における普及度合、データ量及びその企業と家庭における
使用の程度を定量的に示すことが困難であります。

十分なデータのない中、経済協力開発機構(OECD)は「セキュアサーバとホス
ト数をインターネットの普及度合いを示す指数とし、各国間の普及度合いを比較
した報告書」を提示しました。

ここで日本は、OECD29ヶ国中、最高水準の資本あたりGDPと二番目の人口を有
しながら、次表においてインターネットのホスト数が18位となっています。

It is difficult to measure the internet, its household penetration, the volume of data it
carries and its usage by business and consumers

in the absence of comprehensive industry data, the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD) has suggested that “internet surveys of secure
servers and hosts provide key indicators of internet development and may be used as
one potential indicator of comparative internet development between countries”.

Despite having one of the highest GDP per capita and the second largest population
of the 29 OECD countries, the next chart shows that Japan ranks 18th in number of
internet hosts.
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan
人口1,000人あたりのインターネットホスト数(1998年7月時点、com,net,orgを含む)
<日 本>
(ドメイン以下)
(ジェネリック・トップレベルドメイン以下)
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in
Japan

OECDは電子商取引の普及度合いの指針として、セキュアサーバ数を用い
ている。これは、セキュアサーバのみがインターネット上でのクレジッ
トカード決裁等を安全に行うための暗号化機能を持つためです。

ここで日本は、OECD29ヶ国中、最高水準の資本あたりGDPと二番目の
人口を有しながら、次表において1999年時点のインターネットのセキュ
アサーバ数が20位となっています。(1998年時点の日本の順位は19位で
あり、悪化傾向にあるといえます。)

The OECD recommends counting secure servers as a means of measuring
use and development of ecommerce because it is only such secure servers
which have the encrypted access to permit secure transactions by credit
card or otherwise over the internet.

Despite having one of the highest GDP per capita and the second largest
population of the 29 OECD countries, the next chart shows that Japan
ranks 20th in number of secure servers in 1999 (it was 19th in 1998, so the
trend is not positive).
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan
人口100万人あたりのセキュアサーバ数
<日 本>
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan

なぜ日本は、他のOECD諸国に比べインターネットホスト数とセキュ
アサーバ数で劣っているのか?

これは技術面の問題ではありません。-日本は消費者が魅力を感じる
新技術の導入において世界をリードしています。

これは文化的な問題でもありません。-日本語は、ウェブ上で英語に
ついで一般的な言語であり、我々日本人が興味を引かれるコンテンツ
がインターネット上にはあります。

Why does Japan lag other wealthy OECD countries in internet hosts
and secure servers?

It is not fear of new technology - Japanese people have lead the world
in designing new technologies of interest to consumers everywhere

It is not cultural - that Japanese is the second most common language
on web pages after English demonstrates there is content on the
internet of interest to Japanese people.
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan

これは経済的な障壁だと我々は考えます。次のOECDの資料は、日本
における家庭のインターネットアクセス料金をピーク時とオフピーク
時に分け、比較のために米ドルを用いて示したものです。

We believe the barrier is economic. The next OECD slides show the
off-peak hours and peak hours cost of internet access for Japanese
consumers, measured in US dollars for comparative purposes:
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan
(電話基本料金)
(通話料金(割引適用後))
(プロバイダ利用料金)
<日 本>
[オフピーク時の料金]
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan
(電話基本料金)
(通話料金(割引適用後))
[ピーク時の料金]
<日 本>
(プロバイダ利用料金)
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan

NTTの高額な地域通信料金は、我が国消費者のインターネット利用を
妨げるものであり、その短期的な利益に基づく独占的な価格設定は我
が国におけるインターネット利用と電子商取引の発展を阻害するもの
となります。

我が国はジャストインタイム方式の在庫管理、品質改善サークルなど
、生産性向上に係る革新的な方法論を、世界に対して提供してきまし
た。しかし、電子商取引の利用においては国内、国際双方について後
れをとっています。

NTT’s excessive local service charges discourage Japanese
consumers from getting on-line. NTT’s short-term exploitation of
its ability to monopoly-price local service is greatly hindering the
development of internet usage and electronic commerce in Japan.

Japan gave the world “just-in-time” manufacturing inventory
control, quality circles and many other innovative productivity
methodologies. Yet Japan is badly lagging in developing
ecommerce applications for domestic and export purposes.
日本におけるインターネットと電子商取引
Internet and ecommerce in Japan

我が国は20世紀の市場取引における最も革命的な発展を逸しているといえま
す。電子商取引は金融から、娯楽や商品・サービスの取引まで全てに渡って
企業と顧客相互間の取引手法を変革するものです。

我が国はすでに、電子商取引の発展において、他の国々より不利な立場にあ
ります。将来、我が国企業の多くがこの代償を払わなければならなくなると
思われます。

この遅れを早急に取り戻すために、地域料金及び接続料の低減が必要です。

Japan is missing out on the most revolutionary development in
marketing and sales of the 20th century. Ecommerce is changing
the way companies and their customers do business - from
financial services to entertainment to consumer and business goods
and services purchasing.

Japan is already at a competitive disadvantage to other nations in
the evolution of ecommerce applications. Most members of Japan’s
business community will pay a price for this in the future.
Descargar

No Slide Title